So-net無料ブログ作成
検索選択

今日はありがとうございました!!

IMG_9923 - コピー.jpg

保護者の皆様ありがとうございました。
OB・OGのみんなありがとう。

感激です。こんな様々な形での別れをして頂き、言葉に表せません。これで終わりなのでしょうか!これで終わっていいのでしょうか!

井草の柔道部を応援します。明の試合も関東・インハイに向けてがんばろう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

第11回東京都国公立柔道大会 個人戦

個人戦結果と今後の課題 

1年生 MS君66kg級 第3位
入賞おめでとう。この結果には満足していないだろう!悔しくて仕方ないその想いを忘れずに、柔道の本質である相手の動きを利用した理にかなった崩しを研究して下さい。そうすれば、また違う感覚が生まれるはず。どう崩すか、どう反応を作るか、どの方向に崩す事が出来たときにどの技を掛けるかを考え練習しよう。

IMG_9786.jpg

1年生 KS君73kg級 第5位
入賞おめでとう。1年生KS君はが柔道をはじめたのは、ちょうど1年前、わずか1年間で見事な一本を取るような柔道マンになった。日々の頑張りと持ち前の根性が日々のつらい練習を支えてこれだけの成長を見せてくれた。自信を持って続けてくれ!どんな相手にも、膝でバランスを取りながら頭を下げたり腰を引かず姿勢を正しく2本持って柔道をすることを研究しよう。

IMG_9800.jpg

1年生TS君60kg級
今日会場で話したことが全てだ。人生様々な壁にぶち当たる、その時に、乗り越えるか、遠回りするか、あきらめて戻るか様々な対応や決断が迫られる。いろいろな経験を通して、人生の困難に対処する方法を勉強することがこの青年期の課題。たまたま柔道を通して学んでいるだけ。たった1年間でこれだけ成長したことは、本当に立派だぞ。特に最近の力強さは、すさまじい。これからが楽しみだ。

IMG_9849.jpg

1年生DM君66kg級
白帯からはじめた君が黒帯になってここまでまで成長できたことは立派だ。ようやく内股が試合でかかるようにになってきた。まだまだ初めて1年も立たないことを考えるとこの成長は素晴らしい。継続は力です。もっと力強く技が掛けられるようなイメージを持とう。壁打ち込みでもできる素早く継ぎ足をして、早く腰を回し、胸を起こして遠くへ引き手を引き、足を高く跳ね上げる。腰の動きは船底型に膝を曲げて腰の高さを調整し、跳ね上げと同時に伸ばす。こんな複雑な動きをナチュラルになめらかに出来るように何度も考えながら打ち込むんだ。

IMG_9858.jpg

1年生ST君60kg級
白帯からはじめた君が黒帯になってここまでまで成長できたことは立派だ。これからは君が時間を掛けて練習している背負投が試合に出せるような組み手をすること。その上で、チャンスが生かせるようなトリッキーな技も使ってみよう。全てがトリッキーにならないように、自分の目指す柔道のスタイルをイメージしてください。基本になる大技を軸に組み立てる必要があるぞ。

IMG_9841.jpg

2年生KS君86kg級
あとも一歩で入賞だったな。あちこちの故障にこらえながら、良く勝ち上がっていった。最後の試合は下がって負けた。もう少し強気でいられたら試合中に下がらないで戦えたかもしれない。せっかく痛みに耐え戦ったのだから、あとは気持ちの強さだ。何度も言ってきたことだから今更だけど、優しすぎる君が強さを持てばとてもいい人間になれる。そう信じて、話してきた。せっかく頑張ってきたのだから残りの高校柔道生活を悔いのないように自分のために、仲間のために過ごしてほしい。間違えなく力はついてきているから自信を持って!!引き手を持って自分の組み手を作る、コンビネーションを利用して相手を崩して、技を掛ける。それだけだぞ!

IMG_9792.jpg

2年生YK君60kg級
1年前の君からは想像がつかないくらい、気持ちも柔道も強くなってきた。でも今日のこの結果には満足していないだろう。この後どうするかが大切。不得意な相手から逃げていては解決しない。外へ出て、いろんな人と稽古し苦手をなくすようにすること。練習では何回投げられてもいいわけで、練習の中でたくさん技作りをしよう。昨日の団体戦での君の想いは、十分にありがたく私に響いてきました。ありがとう。後少ししかない高校生活の柔道をもっと輝ける宝物にするために自分の苦手や不得意を分析し解決策を工夫しよう。もう少し、井草を引っ張っていってくれ。 

IMG_9783.jpg
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

第11回国公立柔道大会

IMG_9779.jpg

 今年度最後のそして井草高校の柔道部と望む最後の公式戦の団体戦が終わった。別れが決まってから、最後の試合は自分たちのためだけでなく、私のために頑張って欲しいとお願いした。そして今日、その期待に応え力の限り精一杯戦ってくれた。渾身の想いで掛けた技が決まり失点を奪い返したときの天を仰いでこぼれる涙をあふれさせ喜んだ君たちの顔を見たときには、いろいろな想い出が頭に浮かんだ。しかってばかりの時もあった。毎日走り、たくさん練習したいろんな思いが浮かんだ。周りで、励ます君たちのひと言ひと言にもこの試合を大事にしようという心がこもっていた。
 結果がじゃなくて、中身、その時をどう迎えたか、どう行動できたかが大切。このプライスレスな想い出を胸にまたお互いに成長しよう。試合が終わって私に謝った君たちは、間違っている。謝るのは、私の方だ。勝たせてあげられなくてスマン。
 今日はありがとう。今日までありがとう。
 今日の個人戦は、自分のために戦ってくれ!!精一杯応援するぜ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。